福島の山を中心に山歩きをしているおばさんのブログ。

夏登山に!!サーモスのストロー付き保冷ボトルで歩きながら楽々水分補給♪

2019/07/31
 
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
検索
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

夏には限りませんが登山に水分補給は必須。
脱水症状や熱中症を防ぐ為には必要不可欠。

登山中に必要な水分量の目安は・・
(体重+ザックの重さ)行動時間 とされています。
例えば・・
体重50㎏、その日のザックの容量が8㎏、行動時間9時間の場合・・
(50+8)x5x9=2,610ml
で約2.6ℓの水分が必要になります。
夏登山はさらに余分に水分は必要になりますし、山で調理する際はその水分も別途必要となってきます。

基本的に登山用の水分は常温でも良いとは思うんですが、実際暑い山の中を歩いている時に冷えた飲み物を飲みたくなるもので・・
かつ、水や麦茶は常温になると菌が発生しやすくなる(ペットボトルなどで口をつけたもの)という話を聞きまして。
今まで山でお腹を壊したことはないので特に心配はないと思うのですが・・
なんとなく気になってしまいまして・・
以前から欲しいな~と思っていたこちらを入手してみましたのでゆるっとレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

サーモス 真空断熱ストローボトル


今回購入したのがこちら。
ドリンクボトルと言ったらサーモス!!のサーモスのストロー付ボトルです。


ちなみにサーモスのボトルはこれで4本目。
(全てステッカーチューンしております)
今回購入したのはストロータイプで保冷専用なの保温も出来るものが欲しい方はご参考までに・・

ワンタッチオープンで開けやすい!!


親指1本でパーンと開くので楽ちんです。

ストローなのでとにかく飲みやすい!!


一度ストロー付き使うと分かるんですがとにかく飲みやすい!!
今まではペットボトルにストローキャプ付けて水分補給していたんですが・・

とにかく歩きながら飲めるが便利!!
ストロータイプだとガブ飲みせずに少しずつ飲めるのもお山では良いんです。

愛用しているボトルホルダーにもバッチリ装着出来ました♪
それにプラスして保冷!!
言うことなし!!
それから個人的にペットボトルが増えなくて良い・・
2ℓで購入してナルゲンとかプラティパスボトルに移し替えて持って行った方がゴミが増えなく済むのと経済的にも良いかなぁ・・と(^_^;)

予備水分はこちらも凍らせ持って行くか、氷などを入れてそれぞれの保冷ケースに入れて持って行けば良いと思われます。

氷を入れやすい広口


口が広いので氷も入れやすいです。


尚、氷を入れすぎるとストローが入りずらくなるという欠点はあります。

ストロー部分が取り外し可能


このようにストロー部分が取り外し可能なので洗浄する際も楽です。
それでもストローの洗浄はなかなか綺麗に出来なかったりすることも多いので・・
その際はストロー部分の交換用部品も別売で販売されているので安心です。

セットで購入すると良いかもです。

avatar

aya

ボトルサイズによってストローサイズも変わるので購入する際は気を付けましょう。

まとめ

登山用にと購入しましたが・・
車の運転中や、バスや電車の移動中、スポーツ観戦中などなど。
各所で使えるドリンクボトルでした。
運転中はストロー付いてるととても飲みやすい。
バス、電車内では急ブレーキや車体が突然揺れた時に飲み口からダイナミックにこぼれる心配もない(笑)
スポーツ観戦中もストローがあった方が観やすい飲みやすい。
悩んでなかなか手を出さなかったけど、こんなことなら早く買っておけば良かったと思いました(笑)
ストロータイプなので保冷専用になってしまいますがドリンクボトルをお探しの方にはオススメです♪
ぜひお試しあれ!!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カメラと登山と音楽と。時々Jリーグ。 , 2019 All Rights Reserved.