福島の山を中心に山歩きをしているおばさんのブログ。

登山初心者(おとな女子)が行く!|福島の山々|一切経山~家形山

2020/06/13
 
2020年12月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
検索
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

注:
こちらのルート2018年9月より噴火レベルが引き上げられ立入禁止規制がかかっておりましたが・・
2020年6月10日より規制解除となりまた歩けるようになりました♪
尚、吾妻山は活火山のため突発的な噴火が発生する可能性もございますので事前に確認をお願い致します。

ついに!ついに!!ついに!!!
念願の一切経山へ行ってきました!!!!
ついでに家形山まで縦走で。

一切経山(福島)
標高:1948.8m
家形山
標高:1887m
日程:2017年6月18日
天候:くもり
パーティー:2人

コースタイム:浄土平駐車場(8:17)→酸ヶ平避難小屋(8:55-9:05)→一切経山(9:40ー10:04)→家形山(11:01-11:40)→撮影スポットの岩場(12:40-13:05)→一切経山(12:16)→酸ヶ平避難小屋(13:54-14:02)→浄土平駐車場(15:00)

山行:4時間46分
休憩:2時間

http://

昨年の秋からやっと酸ヶ平方面からの入山規制が解除されたので浄土平から。
浄土平の駐車場は500円です。
入庫するときに支払うスタイルです。

登山口はレストハウスのさらに奥なので奥の砂利駐車場にとめた方が近いですが、入山前にトイレなどに行く際はレストハウス前に停めた方が便利だと思います。
下山後もレストハウス前の方が何かと便利かと。

登山カードは駐車場にプレハブ小屋があってその近くに一つと、入山手前の木道にも一つあります。

湿原の木道を抜けていざしゅっぱーつ!!

駐車場から浄土平湿原を抜けて・・

湿原を抜けて木道を抜けるとこのような道になります。

木道抜けると・・

しばらく進むと分岐。
酸ヶ平方面へ。
分かりやすくて迷わなくていいですね。

分岐

こんな感じの急坂が続きます。
息が上がります(笑)

急坂続き

おっ。残雪第一弾!(笑)
6月も中旬だけどまだありますねぇ。
でも、急坂でもないのでアイゼンなしでサクサクいけます。

残雪第一弾(笑)

また出てきた!残雪!!
ここも一瞬なのでサクサク行けました。

残雪第二弾(笑)

石ゴロゴロの急坂と残雪から歩きやすい木道!!!ほんの一瞬だけだけどー。(笑)
この先に、鎌沼方面と酸ヶ平避難小屋・一切経山の分岐が出てきます。
帰り、鎌沼方面から帰る場合は鎌沼方面へ!

木道が一瞬だけ(笑)

酸ヶ平避難小屋着。
トイレもありました。
残雪ありのようだったのでゲイター装着してきましたが、そうでもなかったのでここで外しました。

酸ヶ平避難小屋

酸ヶ平避難小屋の中

避難小屋でゲイター脱いで出発したらすぐ残雪きました(笑)
残雪はここで最後です。
全部で3ヶ所でした。

残雪第三弾(笑)

残雪抜けたら、急坂のザレ場が続きます。

ここからザレ場が続きます

急坂ザレ場でゼェゼェしながら後ろを振り返ったら絶景でした。
晴天だったらもっとキレイなんだろうなー。
でもこの景色みたら頑張れた。

振り向いたら絶景でした

あと600m!!!

あと600m

あと600mだけど疲れたのでちょっと一休み(笑)
マイペース大事!
景色も堪能しなきゃね♬

ちょっと一休み

しばらく進んで、ふと横をみたら雲に覆われた浄土平が!!

浄土平が雲に覆われてる

山頂到着!!!

着いた!

一切経山山頂!

あとはあれです。
そうあれです。

魔女の瞳!!!
会いたかったよ!!!
ガスってたから心配してたけど!

ひゃっほい!

周りは一面雲海でした。

雲海と磐梯山

しばらく休憩&撮影して家形山を目指します!

まずはこのザレ場下り。
相変わらずザレ場が苦手な私は何度か滑りそうになりながらもなんとか堪えました(笑)

ザレ場を下ります

このザレ場を下ると大きな岩がある場所にたどり着きます。
行きは先客様がいらしたのでスルー。

進むにつれて、え?密林?(笑)
ってくらいうっそうとした登山道になります。

うっそうとしている・・

こちらも残雪ポイントが何ヶ所か。
残雪と雪解けのドロドロ道で結構辛かったです。

残雪

とにかく狭い登山道。
一箇所2段くらいの梯子がありました。
ちょっと辛かったです(笑)

やっと開けた

魔女の瞳がすぐ近くに!

魔女の瞳が近くに!

家形山へ!

家形山も細くてなかなかに急坂な道でした。
後半は険しいルート行っちゃってゴツゴツ岩をよじ登っていく感じで行きました。

こちらもなかなか・・・

そして到着。
ここが山頂だと思うんだけどこれといった目印もなく・・・

こちら側からは一切経山と魔女の瞳が拝めます。
こっちからの景色の方が私的には好みかも。

家形山からの眺め

お昼はこちらで。
あまり人も来ず、静かに昼食・・・って思ってたら、途中6~7人のおばさま集団が嵐のごとく参上(笑)
質問されて答えようとすると別のおばさまが被せて別の質問をしてくるという(笑)
大騒ぎしながら下山して行きましたが(笑)
皆さん元気で何よりです(笑)

ここでお昼です

記念撮影して来た道を戻ります。

記念撮影

ちなみに・・
家形山の山頂から下る際、登ってきたルートともう一本別のすぐ横にあるルートから下りたらめっちゃ緩やかでした(笑)
同じタイミングで、登ってきたルートから下りてる方がかなり苦戦して下りていたのでイチかバチかこっちから下りて良かったと思ったのでありました・・
向かって右端の方から下りるルートです。

登りがちょっとキツかったので下りを心配していたんですが下りは比較的楽々と行けました。
良かった(^_^;

周りの風景も行きよりは楽しめて良かったです。

ピストンだと登山道の状況が把握出来ているので帰りは全体的にサクサクと行けました。
とは言え、一切経山へ戻る登りの残雪ドロドロルートはキツかったですが(^_^;

行きで先客ありでスルーした岩場。
帰りは貸し切り状態でここでも30分以上撮影して遊んでました!

ナイス絶景!

一切経山の山頂から家形山方面に行くのにちょっとだけ下った場所にあります。
撮影スポットとしてはここが一番良い気がしますが、ここまで来る人って割と少ない気がする・・・

家形山まで行かなくてもここまでは行く価値ありですので是非!

そしてここから山頂までのザレ場をヨチヨチ登り(笑)

一切経山の山頂まで無事戻ってきました。

最後に分別れを告げ下山します。

左手に見えるのが家形山

下山!

天候もよろしくなかったので鎌沼へ回らず来たルートをピストンして下山。
雲海がすごいということは・・
案の定、帰りはかなりガスってました。

案の定ガスってる

残雪ポイントでは真っ白の世界である意味ホワイトアウト状態でした(笑)
行きで通った道だから心配なくサクサク行けたけどこれが行きだったらちょっと怖かったかも(^_^;

ある意味ホワイトアウト!

ちなみに、下山時、登山道にチョロチョロと水が流れてました。
雪解け水なのかなぁ・・・
登りの時はなかったのであれ?って思いつつも無事下山。

荷物を整理しつつストレッチをしていたらおじちゃんに声をかけられまして。
色々山を登ってる方らしく、お話をしていたら・・
湿原のワタスゲもちゃんと見てきた?って言われて。
登山口から直行直帰だったため湿原はスルーしておりまして。

湿原は駐車場の目の前なのでせっかくなので帰る前に行って見ました!
一面のワタスゲ!!!
とても綺麗でしたー!!
おじちゃん教えてくれてありがとう!!!

ワタスゲ!!!

登ってみての感想・・・
ザレ場がちょっとキツかったりはしましたが、初心者でも十分に楽しんで登れるお山でした。
一切経山から鎌沼経由でしたらソロでも行けそうだなーという印象。
登山道もとても分かりやすいし、人気の山なので人も多いし。
ただ、それは天候が良いという条件で。
実は去年から一切経山にチャレンジしようと思うも日程と天候が合わず4回くらい見合わせて今回やっと登れました。
台風なみに強風だったり、雨だったり。
実際登ってみても、強風だったら初心者の私には無理だなーと実感しました。
ここで出会ったおじちゃんにも言われましたが登山は無理は禁物。
ソロで登る際は特に!
というわけで、天候が良い日にソロでチャレンジしてみようかなーと思います。

関連記事

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

Comment

  1. […] 登山初心者(おとな女子)が行く!|福島の山々|一切経山~家形山 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カメラと登山と音楽と。時々Jリーグ。 , 2017 All Rights Reserved.