福島の山を中心に山歩きをしているおばさんのブログ。

福島の桃源郷「花見山公園」見頃を過ぎても行く価値あり!!

2018/11/29
 
2021年5月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
検索
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

2018年 福島桜巡りの旅
こちらも例年より早足で春が‥
悲しいことに今年は完全に乗り遅れて見頃を逃してしまいました…

スポンサーリンク

花見山公園(福島県福島市)

言わずと知れた福島の桃源郷。
私有地でありますが、所有者様の善意により市民に無料解放してくれているという全国的に有名な観光地。
私有地が観光地になるってスゴイですよね。

住所:福島県福島市渡利

花見山公園の駐車場は?

4月~の桜のシーズン中はあぶくま親水公園が臨時駐車場となります。
花見山公園には駐車出来ません。
尚、シーズン以外は花見山公園の駐車場は使用可能です。

福島県福島市岡部字上川原

シーズン中は各所に花見山公園臨時駐車場の看板が出ているので迷わず行けると思います。

あぶくま親水公園からはシャトルバスが出ておりますのでそちらで花見山公園まで向かいます。

尚、整備協力金500円をお支払いしての乗車となります。往復の金額です。

歩いても行けないことはないですが、3キロ近くあるので歩くと45分はかかります。

花見山公園は歩いて見るポイントがかなり多いのでバスで行って余力を残したおいた方が良いと思いますよ。

シーズン中は福島駅から臨時バスが30分おきに運行されておりますのでお車じゃない方も安心していらしてください。

尚、シーズン中以外も路線バスで花見山入口まで行くバスも出ております。

2018年花見山公園観覧レポート

それでは早速。
今年の観覧レポートを。
行ってみた日:2018年4月8日(日)

あぶくま親水公園に8時前に到着。
郡山は晴天だったのに、着いたら小雨‥
そして、何故桜が咲いたんだ?というくらいの真冬の寒さ‥
そのせいか珍しく駐車場もめっちゃ空いてました。
まぁ、ラッキーですね。
駐車場の簡易トイレに入って、準備していざ出発。

シャトルバス乗り場。
待たずに乗れたの初めてかも(^-^;

バスに揺られて花見山に到着。
おや?こんなサービスあったんですね。
遠方から来て荷物が多い方には嬉しいサービスですね。

朝早く来ると良いことありますよ♪

この道を真っすぐ‥は進まずに‥

桃源郷展望台へ行きます。

なぜならこっちは人があんまりいないから。
そしてコースも豊富でたくさん歩けるから。
歩くの好きな方にはオススメです。

どっちに行こう?って思うくらい割と道がたくさんあります。笑

ウッドチップが敷いてあるので歩きやすいです。
こちらもシーズン前にボランティアさんたちが整備してくれているんですよ。
2月にロウバイを見に来た時に整備されてました。

関連記事>>>花見山~十万刧山 冬は里山低山で遊ぼう

バスで降り立った瞬間にもうすでに気付いてはいたんだけど‥
散ってる‥
かなり散ってる‥
完全に葉桜だよ‥

去年は4月16日にきて満開だったのに‥
花見山も例年より2週間近く早かったんだね‥

関連記事>>>花見山公園へ行こう!!2017.04.16

オロロン(T_T)

でもでもでも!!

桃の花が満開!!
桃のピンクが葉桜で寂しくなったお山を彩ってくれておりました!!

開花が遅かったソメイヨシノがまだ残ってくれていたのも救いでした。

色とりどり~人がいないから自撮りし放題~

花見山公園を撮るってる風。笑

レンギョウとサンシュユの黄色も彩りを華やかにしてくれてました。

もうこの時点で一度下がったテンションはハイテンションへと変わっております。笑

歩いてるとこのような柵がある場所が一箇所ありますがここは通過して大丈夫です。

*立入禁止にされているところは絶対に入らないように!!

ん?んんん??

ズームアップ!!なぜ道の真ん中に‥笑

この辺まできたら青空になったー!!気温は低いままで寒いけどー。

ここからは花見山公園が良く見えます。

ズームアップ!!朝天気が悪かったせいか、歩いてる人ほぼいないですね。

ソメイヨシノを眺めながらちょっと一休み~という名の自撮り~♪

少し歩いてまた休憩。

上を見上げればこの眺め。
最高以外の言葉が見つからない。
ランチはどこで食べようかなー。とか、花より団子的な事を考えながらしばらくボケーっとしてました。

こんな切り取り方もありかな♪
奥に見えるのが花見山公園ですよ。

この鐘があるところがこちらのお山の頂上になります。
ここに登ってくる坂はなかなか急なので歩きなれてない方はちょっと疲れるかも(^-^;
東屋があるので空いてれば休憩も出来ます。

頂上でツートンカラーの絨毯を発見(‘-‘。)

散ったら散ったなりの楽しみがあるのがまたよろし。

また下に下りてきて今度は桜とレンギョウのトンネル。

ピンクと黄色と青空と。
たまりませんなぁ。

桜の中を歩く。

突風が吹いて少しだけ花吹雪が見れました。

吾妻の雪うさぎ

この日は磐梯吾妻スカイラインの開通が予定されていたんですが…
スカイラインにみぞれが降っちゃったみたいで延期に…
今年は暖かすぎてGWには雪の回廊も無くなっちゃうかもー。なんてニュースも見たんですけどね。
ホント暖かいのと寒いのの繰り返しの変な気候だなー。

ちょっと小雨がパラついて、これは東屋でランチが良いかなーって、急登登って行ったらすれ違いで入った団体様がまだ宴会中で(^_^;)
どうしようかな〜って、下りてくる間にまた青空が見えてきたので先ほどボンヤリご飯のことを考えてた場所でランチにすることにしました。

天気予報で気温が低いのは確認していたので、野菜かき揚げうどんを作ってたべました。

お卵様入りですよ♡

関連記事>>>かき揚げうどん|私の簡単山ごはんレシピ

こちらには軽トラにのった簡易トイレがあります。
初めて利用してみましたが、ちょっと揺れる感じはしましたが‥綺麗だしちゃんと使えました。
ちなみに手を洗えるようにタンクも置いてあるの。
ありがたいですねぇ。

一旦、この山を下りて‥

花見山と雪うさぎが撮れる定番スポットへ。
やっぱり色が足りないなぁ。。

花の谷コース。
そーいや、この先進んだことなかったなーと思って行ってみました。

おぉ!!
桃の花と山々が綺麗!!!
良い眺め!!

桃の花が綺麗です。

花見山をバックに!!
カラフル~♪

ここから見る花見山も綺麗ですよ。

まだまだ体力が有り余っているので、花見山公園の方にも行ってみました。
もちろん60分コースを行きます。

こちらのソメイヨシノも暴風に飛ばされてる。でも暴風の割には耐えてました。

ヒャー!!黄色と黄色の戦いがーーーー!!!笑

ここも見頃の時と比べるとすっかり落ち着いた色合いになってしまってる。

撮る人たちを撮る。
昼前くらいから天気が回復したからなのか?
午後からこっちに来てみたら、いつも通りの大にぎわいの大渋滞でした。笑

今年もハートがありました。
ちなみに花の谷コースを歩いているとこのハートの横を歩けますよ。

頂上に着いたら花吹雪がぁ!!!
でも、まったく別のものを撮っていて設定直してたら一瞬しか撮れなかった(^-^;

花見山公園の頂上からの眺めもとても良いですよ。

あれ?ここの木蓮って紫木蓮だったんだっけ?という今更ながらの発見をしつつ下る。笑

桜のトンネルもすっかり葉桜でした。

桃の花のピンクのパワーがスゴイ。

雪じゃないよー。
花吹雪だよー。

花見山公園をサクッと行って戻ってきました。
一面の菜の花スポットでパシャる。

君たちはどうしてこんなところに?笑

お土産品が売ってるところに来てみたら‥
この子は何だろう‥笑

寒いけど。
とても寒いけど。
酪カフェソフト食べる。

ソフトクリーム食べたら体が冷えたので‥
撮り忘れたものを撮りにまた桃源郷展望台の方へ。
歩いて体を温めます。

お参り。

ここからの眺めもなかなか良いですよ。

チューリップの花を撮り忘れていたのでこれを撮りに戻ったのであります。

チューリップも撮って満足したので帰ります。

どうでしたか??
見頃を過ぎた花見山。

見頃を過ぎてもこれだけ色鮮やかな景色をみせて楽しませてくれるなんて最高じゃないですか??

花見山は次から次へとたくさんの花が咲いていくので、多少見頃を過ぎても楽しめるんです。

なので‥

見頃過ぎちゃったし行くのやめようかなぁ。。
なーんて思わず、ぜひぜひ足を運んでみてください。
素晴らしい景色が待っていますよ。

とは言えど‥
ピーク時の花見山はホントにホントに素晴らしいのでタイミングが合えばぜひともピーク時にいらしてくださいませ。

こちらは去年撮影した花見山です。

今回の歩いた記録↓

山行:4時間37分(撮影歩き)
休憩:1時間28分
合計:6時間5分
歩いた距離:8.44km

しかし、今年もたくさん遊んだな。笑

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カメラと登山と音楽と。時々Jリーグ。 , 2018 All Rights Reserved.