鬼面山~箕輪山△台風前の絶景紅葉登山(野地温泉登山口から)|2018.10.06

 
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
検索
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

3連休!!
なんとまた台風がやってくるとか!!(白目)
てんきとくらすとにらめっこしつつ・・
紅葉の状況も確認しつつ・・

あーーーーーーー
行きたくないけどあの悪路を今年も行くかぁぁぁぁぁぁ・・・・

ということで悩みに悩んでもう二度と歩きたくなーーーい!!
と思っていたルートをまた歩いてきました(笑)

関連記事>>>安達太良連峰・鬼面山~箕輪山縦走(紅葉登山)|登山初心者(おとな女子)の登山日記

鬼面山~箕輪山(安達太良連峰)

今回も野地温泉登山口から。

野地温泉の駐車場を利用

登山で駐車場を利用する際は、野地温泉さんのフロントで名前、車のナンバー、電話番号をノートに記入してください。
下山後はノートに記入した名前を消してください。
尚、この日は私しか記入してなかったみたい(^_^;)

行って見た日:2018.10.06
パーティー:ソロ(登山歴2年目のおばちゃんです)
天気:晴れ

山行:5時間59分
休憩:1時間23分

山行時間が去年と全く同じで笑いました(笑)
かなりのスローペースです(笑)
やっぱりあのスリッピーな道は苦手な模様・・・(特に下山が遅いと思います)
去年より自撮りタイムも多かったですが・・・



野地温泉~鬼面山(約1時間 休憩撮影タイム含)

鬼面山はいかつい名前とは裏腹にとても優しいお山です。
眺望も良い登山道なので歩いていてもたのしいので鬼面山までなら初心者の方を連れて行く山としてもオススメです。


野地温泉ホテルさんを向かって左手の方に登山口の入口があります。


前日雨が降ったのか・・少しぬかるんでいました・・
ここがこれだけぬかるんでると思うとこの先が思いやられるな・・とスタートからゲンナリ(笑)


15分ほど林道歩きをすると景色が開けます。
台風の影響なのか素晴らしい雲海がぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!


眺望がホントに良いです。


スタートから20分くらで土湯峠の分岐まで辿り着きます。
この日は思っていたより気温が高くここで上着を脱ぎました(^_^;)


奥に箕輪山も見えてきます。


しばらく歩くとザレ場も出てきます。


この日はまだまだ雲海が!!スゴイなぁ・・


山頂直下もこのようなザレです。


鬼面山頂到着です。


鬼面山の山頂からは磐梯山が良く見えます。

鬼面山~箕輪山(約1時間50分 休憩撮影タイム含む)

鬼面山で10分ほど撮影しつつ休憩していざ出発・・・
ここから悪路がはじまりますよ・・


まずはこのようなガレ道を下ります。


雲海と紅葉のコラボが素晴らし過ぎてなかなか前へ進めない(笑)


鬼面山を下りてきました。
ここから箕輪山へと登っていきます。


この辺はまだまだ余裕です・・


振り返って鬼面山。
今年も真っ赤かですねー。


はいきました。
ドロドロ道~。粘土質の泥道だから滑るんですねぇ・・・((+_+))


たまにこのような石のルートも。
靴についた泥で滑ったりするので気を付けましょう。


なんか滑りそうだなぁ・・って思って写真を撮ったらまんまとこの後滑りました(笑)


いやいや雲海がまだまだスゴイの。


振り返ったらこの景色。


道はこんな感じなので景色を眺めるときは足場がしっかりしているところでしかっり立ち止まって見ましょうね。


相変わらずどこを歩けば良いのか分からん(笑)
右手の方にテープがあるのでそちら側から行くと登りやすいです。


鬼面山の全貌が見えてきました。
雲海と紅葉のコラボが素晴らしい。


ゴロゴロ石が出てきたら山頂間近。


つ、着いたー!!!
去年ガスってた景色が・・今年はピーカンです!!!


山頂。


はい。足元はこの通り泥だらけ。


安達太良山山頂。
遠くからみてもスゴイ人。
こちらはとても静かです。


貸し切りだったので自撮りタイムです(笑)


磐梯山を眺める。


箕輪山山頂から眺める紅葉。
美しいですよ。


鉄山小屋までは30分くらいで行けるはずなので行こうかなーと思っていたのですが・・
暑いし疲れたのでやめました(笑)


前の週の月山が凍える寒さだったので山飯はラーメンを準備してきていたんですが・・
夏なの?っていうくらい暑くてラーメンを食べる気分ではなくなってしまったので非常食で持ってきていたクリームパンを(笑)この日こそ焼肉だったなぁ・・・( ;∀;)

関連記事>>>台風がくる前に・・・紅葉色付く月山へ△志津(姥沢)から|2018.09.29


東吾妻方面。
今年、噴火警戒レベルが2に引きあげられスカイラインから通行止め立ち入り禁止となってしまいました・・
一切経山、浄土平付近の紅葉も素晴らしくて毎年楽しみにしていたのに残念・・・

関連記事>>>一切経山(紅葉登山)|登山初心者(おとな女子)の登山日記




下山 箕輪山~鬼面山(約1時間40分 休憩撮影タイム含)

箕輪山山頂で小一時間ほどまったりしたのでそろそ下山。
ピストンで野地温泉まで戻ります。


さてー・・
このルートの最大の難関は下りです。
すっころばないように細心の注意を払って行きます。


このような道が割と出てきますが・・
かなり狭いですが左側のような刈り取った跡がある方を歩くと良いです。
右側のようなえぐれた方は危険なので落ちないように気を付けて。


眺望は素晴らしいんだけどなぁ・・・


何なのこの道って感じ(笑)


まだ雲海が見える。


撮影スポット?から。
このアングルがとても好きです。


箕輪山のドロドロ道をなんとか無事下山。
2回ほど滑りましたが・・
靴裏に泥が付いてその泥で石の上で滑ったのと、うっかり踵から足をついてしまいそのままずりっと・・
なんとか軽い尻もち程度で済んだので良かったですが(^_^;)
箕輪山を下りてきたら目の前の鬼面山を登ります。


磐梯山に雲海がかかってキレイ。

鬼面山の登りはガレ道でちょっとルートが分かりづらいんですが、矢印がついてるとこがあるのでそこをたどって行けば歩きやすいルートがとれると思います。


鬼面山まで戻ってきました。
ここまで戻ってきたらもう安心。ってことでまた自撮り遊びなど。


何度も何度も撮ってしまう。


箕輪山を眺めらる場所は先客ありで賑やかだったので、指標があるこちらで休憩。


こっちは磐梯山を目の前に眺めながらのんびり休めます。
雲海がさらにいい感じにかかって神々しく見えました。


靴脱いで~


ちょっと潰れた残りのクリームパン食べて~。
30分ほどまったり。



下山 鬼面山~野地温泉登山口(約45分 休憩撮影タイム含)

さて下山です。

ザレ下山なので気を付けて行きましょ。


そうそう、倒木個所あり。背の高い方、ザックにポール差してる方は気を付けて。


鬼面山も下山の眺望良いです。


振り返って。
鬼面山と箕輪山と青空に感謝。


朝、雲海で隠れていた街並みが見えました。


やっと直射日光から逃れられる・・・(^_^;)
このルートは視界が開けて眺望が良い分、晴れているとずっと照り照りなので(^_^;)


太陽の光が当たってキレイ。


芸術的に張り巡らされた木の根。
下山はちょっと歩きづらいかも。
私は一度お約束の足を引っかけて躓きました(笑)
通常運転です(笑)


無事、野路温泉まで戻ってきました。
フロントで記入した名前と車のナンバーを下山した印として消して終了です。

ちなみに野地温泉の日帰り温泉は14時まで。
よって今年も野地温泉に入ることなく帰宅です(笑)
野地温泉の日帰り温泉、もう少し遅くまでやってくれてる良いのになー・・・

まとめ

去年、あまりの悪路でもう二度と登るまい・・・
と思っていたルートをなぜか今年も登ってしまいました(笑)

相変わらず鬼面山~箕輪山のルートはドロドロスリッピー登山道でゲンナリしましたが、やはりこのルートの眺望は素晴らしい。今年は雲海のオプション付きでしたし(笑)
紅葉の季節の安達太良山は物凄い人ですが、こちらは登山客も少なくゆっくりのんびり山登りを楽しめます。
悪路ですが(笑)

なので天候の悪い日は本当にオススメ出来ませんが・・・
登山客も少ないので自分のペースで歩けますし、慎重に歩けばポンコツの私でも歩けるルートなので天候の良い秋の日にオススメのルートです。
*下山時、眺望がとても良いですが見惚れるとホントに危ないから気を付けましょう・・

私は、昨年ガスってしまった箕輪山の山頂もピーカン青空で景色も十分楽しめてリベンジ成功したので・・・
来年からは鬼面山より先は行かなくていいかな・・・と思っています(笑)

あ、そうそう。
最近、山飯のチョイスを間違えることが多いので今回は念のため非常食でクリームパンを持参したんですが・・
またもや山飯チョイスを間違えてこのクリームパンとウィダインゼリーに助けられました(笑)
といこうとで・・・
非常食は大事だよ。
ということをお伝えしておきたいと思います(笑)

非常食はナッツ類とかお菓子が多かったけど、これからは菓子パンでも良い気がしてきました(笑)

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

Comment

  1. たろーあん より:

    雲は、意識して見上げないと意識することってないですが、
    ayapeanutsさんの視界には雲が見下ろすところにあるんですね。
    真っ白な雲海とオレンジのグラデーションの紅葉。
    山を歩いた人だけが見ることができる素晴らしい御褒美。
    素敵な記事をありがとうございます。
    悪路を越える価値が十分にありましたね。(^^)/

  2. ayapeanuts より:

    たろーあんさん
    なかなかここまでの雲海を見れることはないですが、山を歩いていると雲を見下ろしてみたり・・雲と同じ目線になったり・・と楽しいです。
    ホントにうんざりする悪路なんですが(笑)
    まさかまさかの雲海と紅葉のコラボが見れたので頑張って歩いて良かったです(^_^)
    こちらこそいつも読んで頂き、暖かいコメントも頂きありがとうございます!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カメラと登山と音楽と。時々Jリーグ。 , 2018 All Rights Reserved.