額取山(安積山)△紅葉の安積アルプスを歩く♪御霊櫃峠から|2018.10.21

 
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
検索
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

久しぶりの週末の秋晴れ。
しかしながら前日はもうひとつのライフワーク、Jリーグ観戦でちょっとお疲れ気味。
でもこの天気で寝て曜日はもったいなーーーーい。

近場でゆるふわハイク・・・
どっかないかなぁ?・・

ありました・・・ありましたよ・・・
めっちゃ近いのに天気と予定がマッチングせずずっと行けていなかったお山が!!!!
紅葉ハイクにはちょっと早い気もするけど・・
行ってみよう!!ということで行って参りました!!

安積アルプス縦走(御霊櫃峠~大将旗山~額取山)

福島県郡山市の西側、1000m前後の峰々が連なりお手軽縦走が出来るお山です。
登山口は2ヵ所ありますが今回は一番利用者が多い御霊櫃峠から登頂しました。

行ってみた日:2018.10.21(日)
パーティー:ソロ(登山歴2年めのおばちゃんです)

コースタイム
山行:3時間33分
休憩:1時間10分




駐車場 御霊櫃峠

登山口でもある御霊櫃峠の駐車場を利用します。
路肩を含めて20台停めるかな・・くらいのスペースしかないです。
今回10時ちょい前に到着しましたがギリギリ停められました(^_^;)

御霊櫃峠は林道の入り口はちょっと分かりづらいですが、ナビを使っていけば大丈夫です。
尚、御霊櫃峠は林道扱いで道幅がかなり狭いです。
交通量はそんなにないので大丈夫ですが車1台ちょっと分の幅しかないので気を付けて。
郡山側から入って駐車場までは約8キロくらいです。
行きは対向車なしでしたが、帰り稲苗代側へ下りたら3台とすれ違い。
2台は軽自動車で道幅がわりとある場所だったのでギリギリすれ違えましたが・・
1台は向かい合ってしまい、私が待避所までバックで戻ってなんとか(^_^;)
車で走るには私は苦手な道です。

それからロードレーサーさんたちに人気のルートのようでこの日もロードバイクで走ってる方が多数おりましたので走行の際はその辺も気を付けましょう。

ちなみに・・
登山口までの手段が車しかないため、公共の交通機関を使ってくる方はどうやら御霊櫃峠8キロを徒歩で歩く模様・・
この日も歩いている男性を一人お見掛けしました・・・



トレイあります


男女別のトイレあります。
ぼっとんタイプでトイレットペーパーなしです。

使用する際は(特に女性)ティッシュペーパーを持っていくことと、ポケットなどに入れた携帯等を落とさないように気を付けてください。

中は思ったより汚くなかったです。
季節なのか、風が抜ける窓もあって風が強い場所のおかげか(笑)悪臭もなかったです(笑)

ちなみに15時くらいにおトイレ掃除のおじちゃんがきてたんでしっかり管理されているのもあると思われます。

御霊櫃峠~大将旗山(約1時間)

ではさっそく行ってみましょう!!


まずはこの道を登っていきます。
ここまではハイカー以外の方も多く来ています。


左側には猪苗代湖が見えます。
スタートから眺望良すぎ。


振り返って駐車場。
紅葉もな色づきはじめくらいで良い感じです。


スタートとから眺望めっちゃ良いですが、噂通りめっちゃ強風(笑)

ここ安積アルプスは風の通り道になっており強風の山としても有名な山でございます。
覚悟してきてください(笑)
風がない日はかなりラッキーらしいです・・


スタートから眺望良すぎてシャッター切りまくりですが・・先へ進みます。
向かって右手の方に伸びている道があるのでそちらへ進みましょう。


風神雨神の祠があります。
無事帰ってこれますよう・・・ぺこり。


基本的にはこのような道のゆるーいアップダウンの繰り返しです。


眺望もほぼずっと開けているので歩いていくであろう山々を目にしながら歩けます。
こちらの紅葉も良い感じで進んでました。


風は強いですがゆるいアップダウンで歩きやすし眺望良すぎるしでホントに楽しいです。
ずっとキョロキョロして歩いてました(笑)


たまーにちょっとだけ急登的なとこがあったり。


石ごろごろしてる箇所もありますが山歩きしてる方々には全然問題ない程度でしょう。


黒岩近くのこの辺りが一番歩きづらかったかなぁ・・
トラロープが張ってあるポイントですが岩場の急登でした。
そんなに長くはないですが。
えっちらおっちら登りました。


黒岩とうちゃこです。
ここも良き眺めです。


額取山まではあと2.5キロ。
サクサク行きましょう!


紅葉がキレイ!!な林道歩き。

さて・・
冒頭で強風の山というのはお伝えしましたが・・・
この山にはもうひとつ・・・
もっとネックポイントがございます・・

熊とイノシシが出るぞーーーーーーー!!!!

はい、熊とイノシシ出没率が高いお山でも有名なのでございます・・・
なので比較的登山客が多い週末を選んで私は来ました。
磐梯山の裏磐梯ルートもですが、熊出没率が高い山やルートはなるだけ人が多い時を選んで歩くようにしています。
と言っても、この日も歩いてる時はほぼ一人でしたけど(笑)
たまにスライドする方がいたくらいで。


林道を少し歩いたら次に目指すお山が見えてきました。
こちらの紅葉はさらに良きですね。


写真でみるとスカイブルーでとても気持ちよさそうですが何度も言いますが強風です(笑)
キャップが飛ばされないようゴアのフードをずっと被ってました(笑)


磐梯山の全貌も見えてきましたよ。


猪苗代湖も見えてます。


大将旗山の山頂にとうちゃこです。


タッチ。

御霊櫃峠から約1時間ですがずーっと眺望良くて疲れもあまりないので休憩は取らず額取山へ向かいます!



大将旗山~額取山(約50分)


大将旗山も眺望が良いですね。


先へ進みます。


そうそうここの下りがちょっと滑ったのでヨチヨチ歩きでゆっくり歩きました(笑)


そうこうしていたら額取山まで700m!!


遠くに稜線見えるけど?あそこまで行くのかな?・・・
700mってあんなに遠いかな?とちょっとドキドキ(;´・ω・)


やっぱりあと一山超えて向こう側に見えるのが額取山っぽい・・


テクテク歩いていたら
水 3分 の看板。
この季節はこの黄色が良い感じにマッチしてますね(笑)
お水が間に合っていたので行き帰りともに水場には寄らずでした・・


さっき遠くに見えていたお山。
あんな遠くまで行くの?って思ったけど実際来てみたらそうでもなかったです。


振り返って。
このお山たちを歩いてきたのですね。


額取山の登りはちょっと急ですが・・
遠くから見た時は直登なのかなぁ?・・と思っていたのですがつづら折りの登山道だったので思ったほど辛くはなかったです。


わっしょーい!!額取山山頂とうちゃこです!!
スタートして約1時間50分で到着。
たくさんのピークを越えてきたのにカメ歩きの私でも2時間もかかってない( ゚Д゚)


ちなみに山頂は奥にあります。

休憩する場所をウロウロ探す・・
磐梯山と猪苗代湖が良く見える場所は強風で無理・・

風をよけれそうな場所が空いたので・・・
休憩タイム♪


前日仙台へ行っていたので・・
大好きな喜久水庵の喜久福!!と・・
これまた大好きなリンツのチョコレートと・・
お土産で頂いたザ・コンビニのオシャンなパッケのおせんべい・・
と緑茶(笑)
甘いの食べたら・・しょっぱいの・・お茶で流して・・甘いの・・しょっぱいの・・
デブの無限ループです(‘ω’)

チョコと喜久福はスタンドコジーに入れて保冷して持ってきて♪

お茶は山専ボトルに熱湯入れてきたので湯沸かしせずにアツアツのお茶を飲めました♪

そしてテーブルがあるとやっぱり便利です♪

この無限ループをしておりましたら・・

里山特有?のこの山詳しいです。おじさんに・・

「下に風除けも出来てもうちょっと景色が良い場所あるよ」
と教えて頂きまして・・

せっかくだから移動しようと準備をしておりましたら・・・
この手のおじさんは一回捕まると話が長い・・・
情報くれるのはありがたいけど話が長い・・・
カップ片手に逃げるタイミングを待っていたけど、同じ話が3ループ目に突入して我慢ならず(笑)

「ありがとーございましたーーー!!行ってみまーーーーーす!!」と話をぶった切って逃げました(笑)


教えてもらった場所。
ホントに風がなくこの日の天気本来のポカポカ陽気を楽しみながらお茶出来ました♡

知ってる方はやっぱり多いみたいでけっこうたくさんいました。
細長い感じのスペースの場所で眺望も良かったですよ。

で、どこにあるんだ!って話ですよね(笑)

ケルンがある眺望の良い場所から山頂方面へ向かって右手側に登山道?なのかな?って思うちょっと鬱蒼としている道がありますのでそこをすこーし下って行って左手の方に休憩スペースあります。


こんな感じの鬱蒼とした感じなんで半信半疑ですが(^_^;)
私も教えて頂いたのとすでに休憩している人の話し声が聞こえてきたので安心して行けた感じでした。


おやつもたくさん食べたので強風に吹かれながら撮影ターーーーイム!!
安積山山頂の眺望はかなり良き!!!
福島の宝の山磐梯山と猪苗代湖が拝めます。


こりゃたまらんらん♪


郡山市内も見えますよ。
田んぼばっかりだけど( *´艸`)


強風ですが自撮りもいっときましょう。
磐梯山を掴みとる!!
ここの山頂でこんな感じの写真をアップしてる方を数人みたことがありまして、パクらせていただきました(笑)


紅葉を眺める。的な図も。

おやつ食べたり写真撮ったり・・1時間ちょっと遊んだのでそろそろ帰ります。



ピストン下山 額取山(安積山)~御霊櫃峠(約1時間50分)

ピストンで戻ります。
基本的に尾根歩きなので行きも帰りも時間は一緒でした。


まずはこのザレザレした道を気を付けて下りましょう。
案の定私は一回ズリっといきました。(転んではないよ 笑)


良きですなぁ。


黄葉ですね。


行きで下りは戻りで登る(当たり前だけど 笑)


ススキもキレイだのぅ。


ふと横を見れば郡山の街並み(田んぼ)が見える。
ピストン下山でも全然飽きない。
むしろまたこの尾根歩きが出来て楽しい。


紅いのも。


御霊櫃峠まで残り2.3kmです。


ここからも郡山の景色。
いつもあっち側からこの山々を見ていたけど今日はこっちから見てる。
なんか不思議。


ブナ林に入ってくると熊とイノシシが出てきそうでなんか怖い。


大将旗山まで戻ってきました。


大将旗山の下山もザレザレしてて滑るから気を付けて~。


振り返って・・
紅葉と磐梯山。


足元に気を付けて眺望楽しみつつ歩きましょう♪


ずっとこんな景色が続くからホント楽しい。
あっ!忘れてるかもしれないから何度でも言いますが、強風ですからね(笑)


あっちのお山に戻って行きますよー。


ブナ林突入。
熊は怖いけどブナ林は好き。


森は生きている・・的な・・・


黒岩まで戻ってきました。


御霊櫃峠もどんどん近づいてきました。
ここからみるとあと500mの距離とは思えないくらい遠くに見えるけど(笑)


さて黒岩からの下りはこのトラロープポイントがやっぱり歩きづらいです。


振り返って・・
もう少し色づてきたらもっとキレイになるんだろうな~。


無事戻ってこれました。
ぺこり。


御霊櫃峠に戻ってきました。


駐車場までのこの道も下りは歩きづらい。


振り返って・・
熊にもイノシシにも会うことなく無事下山。
お疲れ様でした。

 



まとめ

片道2時間の縦走路は終始眺望の良い尾根歩き。
キョロキョロキョロキョロしながらシャッター切りまくり。
でも噂通り終始強風の尾根歩きでもありました。
帽子が飛ばされないよう注意しながら。

それから・・熊とイノシシが出没する山として有名な山。
熊鈴をリンリン鳴らして、たまにパンパン柏手打ちつつ歩きました。
聞いた話によると、春先はマムシが出て、夏?はスズメバチも多いそうです(笑)
天敵多いな(笑)

風が強い日が多いようなので、防寒はしっかりしたほうが良いかと。
この日は晴天でしたが・・

ドライナミックメッシュジオラインメリノウールTゴアで歩いてちょうど良いくらいでした。

それでも低山でこれだけの眺望を楽しめる縦走路はなかなかないと思うのでオススメです!!
また違う季節にも歩きたい。

あっ、御霊櫃峠は心霊スポットでもあるみたいなので(笑)
暗くなる前に帰りましょうね(笑)

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
突然登山に目覚めてしまった某Jリーグクラブのサポーターのおばさん。 写真を撮って美味しいご飯を食べる。 をモットーに山に登ってます。

Comment

  1. たろーあん より:

    夕暮れ時、郡山市から西の空を眺めると安積山を中心とした安積アルプスが影絵のように浮かび上がります。
    あの長い長い稜線を歩いてきたんですね。
    郡山のこんな近くに素晴らしい稜線があるんですね。
    ^ ^

  2. neco より:

    こんにちは。ちょうど明日行ってみようと思ってたので、参考になりました!風邪対策必須なんですね。ありがとうございます

  3. ayapeanuts より:

    necoさん
    こんばんは。
    返信遅くなりました。
    安積山、無事楽しめましたでしょうか?(^_^)
    少しでも参考になったなら良かったです♪

  4. ayapeanuts より:

    たろーあんさん
    夕暮れ時の安積山のシルエットキレイですよね。
    私も仕事帰りいつも眺めています。
    あの長い稜線を歩いてきました。
    でも実際歩いてみると思ったほど長くはなく楽しい稜線歩きが出来ましたよ♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カメラと登山と音楽と。時々Jリーグ。 , 2018 All Rights Reserved.